頭金なしでマンションの購入ができるのか?【深掘り】

この記事はFlatwork株式会社が監修しております。(リビングキャンプ運営)

東京都知事から認可を受け正式に宅建業免許を取得しています。<免許番号>東京都知事認可(1)第104151

実際にマイホームの仲介業務をしているので現場のリアルな情報をお届けしていきます。

頭金を入れる理由とは

頭金を入れる理由は以下の2点です

・金融機関の審査により希望融資額に届かず入れざるを得ないため

・金利負担を少なくするためにあらかじめ一部資金を充当して借入額を減らすため

頭金を入れるメリットは単純で金利負担額が少なくなるからです。

よく費用と誤解されてる方が多いのですが、購入資金の一部に充当するものなのでコストや手数料の性質とは全く違います。

 

頭金なしでマンションを購入する

近年では物件の販売価格を全額住宅ローンで貸し出す金融機関も増えてきました。

頭金無しで住宅ローンを組めるようになったのです。

 

少し貯蓄に不安のある人でも、夢のマンション生活を手に入れられます。

これによって、マンション購入へのハードルは低くなり、若い人でも気軽にマンションを購入することができるようになりました。

 

実際に、弊社のお客様ではマンションを購入している人の8割ほどは頭金なしで契約をされています。

頭金なしどころか諸費用まで融資してくれる金融機関もあるので属性に自身がある人は幅広い優遇がうけられます。

 

マンション購入における頭金なしのメリット

すぐにマンションの購入ができる

「まさに理想の物件!絶対ココが良い」

  

そんな風に思える物件を見つけることってありますよね。

しかし、頭金を頑張って貯めている間に売れてしまったなんてことになったら…。

物件との出会いは一期一会です。

立地や間取り、方角、交通面など、理想的な条件の物件に出会うのはなかなか難しいものですよね。

頭金が貯まっても、いい物件が見つからなければ意味がありません。

「絶対にこのマンションのこの部屋がいい!」

そう思える物件と出会った時には、思い切って契約してしまうのもいいでしょう。

ただし、諸費用だけは払えるように準備してくださいね。

貯金を使わずに購入できる

 

近年は、住宅ローンの金利が低くなっています。

そのため、以前よりも返済もしやすくなっているのです。

金利の低くなっている今だからこそ、あえて頭金無しで契約して、その分の資金をほかのところに回すということも出来ますよね。

 

頭金なしのデメリット

金利負担額が増す

 

当然ですが、借入額が頭金を入れる場合と比較して多くなるので相対的に金利負担は重くなります。

とはいえ低金利なのでそんなに気にする必要はないかと思います。

無計画に設計しすぎると返済できないリスクが高まる

 

人生には何が起こるか分かりません。

今は健康で働けていても、病気でお金を稼げなくなってしまうことも可能性だって充分に考えられます。

また、40~50代で契約した場合、定年しても払い終わっていないなんてことにもなりかねません。

そうなると、老後にも大きな影響が出てしまい、不安な生活を送ることになるでしょう。

 

頭金なしだと、毎月の返済額を多くしたり、返済期間を伸ばしたりしなくてはいけません。

どうしても払い終わるまでのリスクが高くなってしまうのです。

さらに、物件を購入すると住宅の維持費や固定資産税など、住宅ローン以外にも費用がかかります。

きちんと返済できるのか。

じっくり考え、無理のない返済計画を立てるようにしましょう。

 

頭金を入れるメリット

総支払額を安くできる

 

基本的なお金の使い方として手元資金は潤沢に残し期待利回りの高い証券運用に回すことがセオリーですが、その予定はなく潤沢に貯蓄がある方頭金を入れるか繰上返済をしていきましょう。

理由は下記です。

利息はコストなので預貯金より金利負担を軽くするが支出が減るからです。

(手残りが増える)

住宅ローン金利(1%前後)>>>預金金利(0.01%前後)

全額ローンで組むと、総支払額が増えます。

なぜなら利息の分、上乗せされるからです。

頭金を払うと、最初は一気に大金を払うため大変に感じるかもしれませんが、後々のことを考えると、お得に購入できるということになります。

頭金を入れるデメリット

無計画に入れすぎて預貯金を著しく減らした場合は不測の事態に備えられない。

手元資金を有価証券などで運用できる余裕がなくなる。

 

まとめ

今回は、マンション購入の際に、頭金が「あり」の場合と「なし」の場合で

それぞれのメリットとデメリットをご紹介しました。

無理のないように、返済計画をしっかりと立ててくださいね。 

より幅広く相談がしたい方は、LINEにてお気軽にお問合せください。

マイホームに関する最新の独自情報もお届けしています。LINEの登録者数は10,000名を超えました。

リビングキャンプ運営:Flatwork株式会社

友だち追加