マンション購入の段取りをデータをもとに詳しく解説

「マンションを購入するときは、何から始めればいいのだろうか。」

国土交通省の調査では、マイホームを購入した人の7割以上が初めてだったというデータがあります。貴重なマンション選びを成功させるために、大まかな段取りを理解しておくことが大切。

今回はマンションの購入手順をわかりやすく解説します。

新築・中古マンション購入の段取り〜情報を集める〜

マンションを購入すると決めたら、まずは情報収集。以下は、国土交通省が調査した、物件に関する情報収集方法をあらわしたものです。

 

出典:https://www.mlit.go.jp/common/001287761.pdf

 

分譲マンションと中古マンションでは、情報収集方法の傾向が変わります。分譲マンションでは主に、インターネットや現地から情報を集め、中古マンションでは、不動産業者経由が最多。

 

新築マンションは、不動産会社が直接売主になることが多いですが、中古マンションの場合は、売主と買主の間に仲介会社が入ることが多いです。その場合は仲介手数料がかかります。

 

また、不動産会社は地元の情報に詳しい場合が多いので、最新の中古物件情報を持っている可能性も。

 

多くの人が利用するインターネットの情報収集では、どのようなことを調べればいいのでしょうか。住宅金融支援機構の住宅ローン利用者の実態調査では、インターネットを利用して情報収集をした人が、どんなことを調べたのかという調査をしました。

 

参照:https://www.jhf.go.jp/files/400353606.pdf

 

物件、住宅ローン、建設業者などについて調べると同時に、ご自身の将来設計を立て、あなたがどんな家に住みたいかイメージを持つことが大切です。ここでしっかりと情報集めや将来設計を立てて、譲れない条件や予算をしっかりと固めると後がスムーズです。

 

内見

 

気になる物件があれば、実際に見にいきましょう。ここでは、株式会社日本経済社が公開している調査結果をもとに、実際のマンション購入の決めてとなったポイントを解説します。

 

立地条件でポイントとなった点

 

出典:https://www.nks.co.jp/research/mansion/21th/index.html

 

どの世代でも多いのは、駅までの距離・利便性。駅の周りには商店街や大型ショッピングモールも多いので、駅から近いと生活に便利です。

 

また、マンションの場合は駅から近いなど立地が良ければ、万が一売却となった時に、売却しやすいです。

 

専有部分でポイントとなった点

 

出典:https://www.nks.co.jp/research/mansion/21th/index.html

 

 

60歳以上の人が最も重視するのは、住戸の向き。日本人に昔から人気なのは南向きの部屋で、窓やベランダが南側の部屋を言います。南向きの部屋は日照時間が長く、冬でも部屋が暖かくなりやすいです。

 

また、どの年代も間取りや価格を重視する傾向にあります。

 

その他、以下の点は内見時に確認しておきたいポイント。

 

   

新築・中古マンション購入の段取り【申し込み〜引き渡し】

 

お気に入りのマンションが決まった後の、大まかな流れは以下の通りです。

 

ステップ①購入予約・住宅ローンの事前審査

 

購入予約は、売り手に購入の意思があると示すものです。価格の交渉をしたい人は、この時にします。

 

ステップ②重要事項の説明・売買契約

 

申し込みが済んだら売買契約を締結。この時、手付金・仲介手数料の半額(中古マンション)が必要です。

 

手付金とは、売買契約の時に支払うお金。買主がやむを得ず契約後に解約を希望する場合、手付金を受け取らない代わりに解約が許可されます。簡単に言うと、解約時のペナルティです。

 

ステップ③住宅ローン本審査

 

住宅ローンを利用する場合、契約後2〜3週間以内に融資を受けられるか決める必要があります。審査が通らない場合、契約は白紙。

 

ステップ④決済・引き渡し

 

住宅ローン審査が通ったら、マンション価格から手付金を差し引いた金額を、売主に支払います。入金確認後、引き渡しです。

 

中古マンションのリフォームについて

 

アットホーム株式会社の調査によると、中古マンション購入者の77%がリフォーム前提で購入するというデータがあります

出典:https://www.google.com/amp/s/prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000009.000051123.html

 

そして同調査によると、中古マンションのリフォームにかかった費用は、平均456万円。貯金を少しでも手元に残しておきたい場合、住宅ローンにリフォームの費用を組み込むことが可能です。

 

しかし、そのためには住宅ローンの申込をする時点で、リフォーム費用を具体的に出しておくことが必要。リフォームを希望する場合、事前に不動産会社の担当に相談しておきましょう。

 

今回は、新築・中古マンション購入の大まかな段取りを解説しました。理想のマンションを手に入れるには、情報収集をしっかりすることが大切です。しっかりと情報収集をして、納得のいく物件を探してくださいね。

より幅広く相談がしたい方は、LINEにてお気軽にお問合せください。

マイホームに関する最新の独自情報もお届けしています。LINEの登録者数は10,000名を超えました。

リビングキャンプ運営:Flatwork株式会社

友だち追加

合わせて読みたい記事