20代でマンション購入している人の割合について解説する

20代の方がマンションを購入するメリットと注意ポイントを

ご説明いたします。

この記事はFlatwork株式会社が監修しております。(リビングキャンプ運営)

東京都知事から認可を受け正式に宅建業免許を取得しています。<免許番号>東京都知事認可(1)第104151

実際にマイホームの仲介業務をしているので現場のリアルな情報をお届けしていきます。

民間の調査会社のデータによる20代で住宅を購入している人の割合の確認

下記のデータは民間調査会社による年齢別に住宅を購入したグラフです。

日本人の13%が20代で住宅を購入しているいておよそ10人に1人は20代で購入しています。

 

20代で無理のない住宅ローン借入額に対しての比較検討試算表

次に以下の条件で試算表を確認すると自分の求める物件金額と月の返済金額が見えてきます。

 

物件価格ごとに算出し試算表作成しました。

 

前提条件:銀行の金利はJAの変動金利0.57と中央労働金庫の変動金利0.775で比較します。

想定は25歳男性が定年退職の60歳までに支払う形とします。

 

比較検討試算表

 

 

20代でマンション購入をしたほうが良い理由・注意点

20代でマンションを購入する上での注意点として無理な住宅ローンの借り入れは行わないということです。

 

マンションには修繕積立金や管理費が別途かかってきますので年収の20%から30%で住宅ローンの返済を抑えることが必要です。

 

修繕積立金に関しては10年から15年に一度、値段の改定がなされるので長期修繕計画書の把握が必要となってきます。

 

基本的に3回改定が行われるのが一般的です。

生活が圧迫されないような資金計画を心がけましょう。

持ち家は資産になります。

より幅広く相談がしたい方は、LINEにてお気軽にお問合せください。

マイホームに関する最新の独自情報もお届けしています。LINEの登録者数は10,000名を超えました。

リビングキャンプ運営:Flatwork株式会社

友だち追加

合わせて読みたい記事