マンション購入に頭金は入れたほうがいい?【結論0円でも可能】

「マンション購入に必要な資金は色々あるけれど、頭金って準備する必要があるのか。」

頭金とはマンション購入する際にローンを組んだ時、購入価格からローン返済額を引いた始めに支払う金額のことです。

今回はマンション購入の頭金のメリット・デメリットを踏まえて解説していきます。

この記事はFlatwork株式会社が監修しております。(リビングキャンプ運営)

東京都知事から認可を受け正式に宅建業免許を取得しています。<免許番号>東京都知事認可(1)第104151

実際にマイホームの仲介業務をしているので現場のリアルな情報をお届けしていきます。

マンション購入の際に頭金を払うメリット

 

マンション購入の際に頭金を払うメリット

 

  1. 金融機関の審査に通過しやすくなる

 

頭金を準備するためには貯蓄する必要があります。

その貯蓄する能力を金融機関が評価してくれることがあります。

月々のローン返済も計画的に返済してくれるだろうという印象を与えることが出来ます。

とはいえ、頭金の用意がなくても住宅用マンション購入は可能です。

 

  1. 金利が優遇される

頭金を支払うことによって低金利でローンを組む選択肢がでてきます。

フラット35窓口のアルヒでは頭金の額に応じて金利を低く設定しています。

 

  1. 金利負担が減少する

頭金はマンション購入をした金額から引かれる金額です。

そのため頭金が多ければ多いほど、月々のローン返済額は減らすことが出来ます。

 

物件価格:5000万 頭金:500万 金利1% 期間:35年ローン

 

上記のように頭金を500万円入れた場合は35年の金利負担が概算で835万となり頭金を入れない場合は927万の金利負担となります。

約100万の差が出ます。

 

マンション購入の際に頭金を払うデメリット

手元資金が減少する

 

頭金の支払いのために貯蓄が減少します。

更にもし転職が重なって収入が減少してしまうと、ローン返済のために生活資金を絞らないといけません。

予期せぬ支払いもあるかもしれません。

そのために無計画に頭金を入れてしますと生活に支障がでます。

 

頭金以外に必要な諸費用

マンション購入時は諸費用がかかります。

 

・仲介手数料

・登記費用(+司法書士代行費用)

・収入印紙

・火災保険、地震保険などの保険関係

・引っ越し費用

・固定資産取得税、固定資産税などの税金関係

・共益費、管理費、修繕積立金、駐車場代などの諸費用

 

これらは物件価格×7%ほどかかるので頭金以前に念頭に置いておく必要があります。

 

マンション購入で頭金は用意するべきか

 

手元資金に余裕があり、証券運用などをせずただの待機資金にしている場合は頭金を入れることをおすすめします。

理由は下記です。

 

ローン金利>>>預金金利

 

預金においておいてもリターンはほとんど得られないのであれば金利負担を軽くしましょう。

そもそものも手元資金が少ないや証券運用の方が期待利回りの観点で合理的だと考える方は頭金を入れずにフルローンで資金計画を立てましょう。

 

 また迷う方は間の第三の案としてまずフルローンで購入し、後から繰上返済をするという手段をおすすめします。

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

頭金について説明しました。頭金以前に諸費用もかかってきます。

 

上記でも説明したように頭金を無理して用意するあまりに生活が圧迫され、返済できなくなってしまっては最悪、マンションを失うこともあります。

また、頭金を支払わずに株式投資などで運用するという方法もあります。

 

元手が大きいため利益も大きくなりますが、知識と経験がないと難しいために安易に運用するのはおススメできません。

以上のことから、計画的に頭金の準備を計画するようにしましょう。

より幅広く相談がしたい方は、LINEにてお気軽にお問合せください。

マイホームに関する最新の独自情報もお届けしています。LINEの登録者数は10,000名を超えました。

リビングキャンプ運営:Flatwork株式会社

友だち追加