マンション購入におけるリスク回避について解説

ライフイベントで、一番大きい買い物は、住宅を購入することです。

リスクがあるから行動に移せない方が多いようです。

その不安を解決いたします。

この記事はFlatwork株式会社が監修しております。(リビングキャンプ運営)

東京都知事から認可を受け正式に宅建業免許を取得しています。<免許番号>東京都知事認可(1)第104151

実際にマイホームの仲介業務をしているので現場のリアルな情報をお届けしていきます。

民間会社調査一覧によるリスクと資金計画の確認

下記のデータは民間会社が調査したリスクについて調べ作成したグラフである。

 

日本人の5割の方が無理のない資金計画作成について不安に考えています。

 

リスクを確認した上で物件価格ごとに資金計画を作成を確認してみてください。

 

物件価格・諸経費・修繕積立金・管理費を計算して資金計画を作成します。

 

25歳の会社員が60歳の定年退職までの返済プランを作ります。

 

金利は千葉興業銀行の変動金利0.6%とします。

 

資金計画表[概算]

 

マンション購入する際、無理のない返済計画の作り方

マンションを購入する上で大切なことは毎月の返済のほかに修繕積立金と管理費がかかるということです。

 

マンションには長期修繕計画書が作成されているので確認し修繕計画と修繕積立金の把握を行い資金計画に反映させることが重要です。

 

10年から15年に一度、管理組合が主体となり建物をメンテナンスします。

 

大規模修繕前後には修繕積立金の値段改定が行われますので積極的に管理組合の活動に参加して価格改定などについて理解することも必要です。

 

また、駐輪場は毎月1万円別途費用や駐車場については毎月300円など別途料金かかるというマンションが多いのです。

 

また、管理組合費用などもかかりますので 十分情報を調べ上げた上で資金計画に反映していきましょう。

 

マンション購入する最大の魅力

マンションを購入する魅力は建物構造である、基礎・柱・壁・床などの部分へ鉄筋コンクリートが使われており最近では寿命100年以上持つという形のマンションも存在している。

 

鉄筋というと錆びやすいイメージがあるが、コンクリートの厚さで補助しているので心配がそこまでいらないです。

 

次に、メンテナンスがしやすいという利点があります。

 

寿命が長いだけでなく、内装や設備の維持管理がしやすいのも魅力です。

 

マンションの二重床・二重天井はコンクリート床スラブの上下に床板や天井板を設けて二重にした構造です。

 

床下に給排水管などを通し天井裏に電気配線を通すため専有部分のリフォームは、やりやすい環境にあるのがマンションの魅力です。

いかがでしたでしょうか

 

皆様がご不安に抱えている、無理のない資金計画の作成の方法を物件価格と修繕積立金・管理費を計算して資金計画表を見ていただきイメージできたと思います。

 

無理のない返済プランの選択が必要です。

 

リスク回避を行い、寿命100年以上のマンションを手に入れリフォームのしやすい一生住める家を手に入れてください。

より幅広く相談がしたい方は、LINEにてお気軽にお問合せください。

マイホームに関する最新の独自情報もお届けしています。LINEの登録者数は10,000名を超えました。

リビングキャンプ運営:Flatwork株式会社

友だち追加

合わせて読みたい記事