家を購入する最適な年齢はいつだろう【データ開示】

「家を購入する最適な年齢は何歳くらいか、が気になるなぁ。」

年齢が若過ぎると自己資金の準備ができません。

また年齢が高くなるとローンの返済期間が長く取れません。

そこで、家を購入する方の年齢の分布と平均の年齢、年収の分布と平均の年収、ローンの返済期間と年間返済額の統計データをもとに検討してみます。

この記事はFlatwork株式会社が監修しております。(リビングキャンプ運営)

東京都知事から認可を受け正式に宅建業免許を取得しています。<免許番号>東京都知事認可(1)第104151

実際にマイホームの仲介業務をしているので現場のリアルな情報をお届けしていきます。

家を初めて購入する方の年齢分布と平均年齢

皆さん、どの年齢で初めて家を購入するのでしょうか?

 

これを知るために、国土交通省の住宅市場動向調査(平成29(2017)年度)より、家の購入の年齢分布(何歳代が何%)と平均年齢のデータを検討してみます。

 

購入の家の種類を、注文住宅、建売住宅、分譲マンションの3つに分けて示したデータです。

 

データ引用元:https://www.mlit.go.jp/common/001287439.pdf

 

上のデータから出る結論は、家を購入する潮時の年齢は30歳代後半だということです。

平均の年齢は、上記の購入する3つの種類の家において、37~39歳にわたっています。

 

実際、3種類のいずれについても、30歳代が断然多く、48~55%を占めています。

次に多いのは40歳代で、24~29%を占めています。

   

二度目に家を購入する方の年齢分布と平均年齢

 

今度は、家を二度目に購入する方の年齢の分布と平均の齢を、上と同じ、国土交通省の調査から見てみましょう。

やはり、購入する家の3種類に分けて示したデータです。

 

 

家を二度目に購入する場合についての特徴は、家の種類によって、年齢の分布や平均の年齢が大きく違うことです。

 

注文住宅と分譲マンションの場合は、60歳以上が断然多く52~58%であるのに対して、建売の住宅の場合については、最も多いのが40歳代で31%、これに次いで30歳代と60歳以上が共に24%です。

 

平均年齢は、分譲マンションと注文住宅が59~60歳、建売住宅が49歳です。

注文住宅と分譲マンションの場合は、子供も独立して家を離れ、夫婦二人だけの家に住み替える傾向が窺えます。

 

建売の住宅の場合については、中年を迎えた世代が、もう少し広い家に住み替える傾向が窺えます。

 

家を初めて購入する方の年収分布と平均年収

 

家を初めて購入する方について、年収分布と年収の平均を、3種類の購入の家別に見てみます。

データは、上と同じく国土交通省の調査に基づくものです。

 

 

3つの種類のどれについても、最も多いのは年収400万円~600万円と600万円~800万円で、注文住宅と建売住宅では、それぞれ30%くらい、分譲マンションでは、それぞれ25%くらいになっています。

 

年齢が30歳代~40歳代になって、年収が400万円~800万円くらいになった段階で、家の購入を決断する方が多いことがわかります。

 

家を購入する際には、圧倒的に多くの方が、住宅ローンを利用しています。

ローンの返済が完了するまでの期間の平均値を、上記の家の3つの種類別に見てみます。

 

データは上と同じく国土交通省の調査に基づくものです。

 

 

いずれも、ほぼ30年の返済期間を取っているので、やはり30歳代の後半には、家を購入するのが良いことがわかります。

 

家を購入する際の住宅ローンの1年間の返済額

 

家を購入する際の住宅ローンでは、1年間にどのくらいの金額を返すのでしょうか?

この年間返済額の平均値を、購入する家の3つの種類別に見てみましょう。

データは同じく国土交通省の調査に基づくものです。

 

 

いずれも、1年間に120万円~130万円、1ケ月当たり10万円くらいの金額を返済していることがわかります。

これが可能になるのは、400万円~600万円以上の年収がある、30歳代後半だと納得できます。

 

国土交通省の調査の結果から、次のようなことが分かりました。

 

・家を初めて購入する年齢は30歳代の後半が最も多い。

 

・購入する家の3つの種類について、平均年齢は37.4歳~39.4歳と30歳代の終わり近くである。

 

・家の購入が初めての方の場合、その年収は400万円~600万円と600万円~800万円が最も多く、3種類の家について、平均年収は665万円~745万円にわたる。

 

・家を購入する際の住宅ローンの返済期間の平均はほぼ30年である。

 

・住宅ローンの1年間の返済金額の平均は、購入する家の3つの種類につき、120万円~130万円にわたる。

 

これらのことより、家を購入する世間における最適な年齢は、30歳代後半である、という結論が出そうですね。 

より幅広く相談がしたい方は、LINEにてお気軽にお問合せください。

マイホームに関する最新の独自情報もお届けしています。LINEの登録者数は10,000名を超えました。

リビングキャンプ運営:Flatwork株式会社

友だち追加

合わせて読みたい記事