マンション購入の諸費用はいくら必要?シミュレーションで解説

「マンション購入を検討中。諸費用も合わせたらざっくりいくらなんだろう。」

マンション購入にかかる必要は、物件価格だけでなく、手数料や各種税金などの諸費用が必要です。

前半では諸費用についての解説、後半では試算をしていきます。

この記事はFlatwork株式会社が監修しております。(リビングキャンプ運営)

東京都知事から認可を受け正式に宅建業免許を取得しています。<免許番号>東京都知事認可(1)第104151

実際にマイホームの仲介業務をしているので現場のリアルな情報をお届けしていきます。

マンション購入の諸費用はざっくり何%?購入価格でシミュレーション 

冒頭から何度か諸費用という言葉を用いましたが、諸費用と頭金は別物なので、混同しないようにしてくださいね。

 

まず、マンション購入に必要な諸費用について解説する前に、マンション購入価格の内訳について解説します。

 

マンション購入にかかる費用の内訳は、以下のようになります。

 

 

頭金は、物件価格に充当するための資金、諸費用は物件を購入する時の事務手数料などです。

 

頭金の目安ですが、住宅金融支援機構の調査では、半数以上の人は融資率80%超え(頭金20%以内)というデータがあります。(出典:住宅金融支援機構 住宅ローン利用者調査

 

頭金が多いと金利が優遇されたり、将来の返済負担が減るため、余裕がある人は準備をすることをおすすめします。金利が優遇されると利息の返済が少ないのでお得。

 

それでは気になるマンション購入の諸費用についてですが、マンション購入に必要な諸費用は、中古マンションでざっくり物件価格の7%、新築で4%ほどです。

 

以下の表は、仮に諸費用が4%、7%だとした場合、マンション購入価格2,000万〜6,000万の新築・中古マンション購入時の諸費用を試算したものになります。

 

 

上記の通り、諸費用はマンション購入価格によって変わります。その理由は、諸費用の中には、マンション購入の何%と計算するものがあるためです。

 

そして、諸費用は以下のものが必要。

 

※A 以下は印紙税の税額一覧です。

出典:国税庁

※B 登録免許税の計算式

①住宅:固定資産税評価額×0.15%

※中古の場合0.3%

②土地:固定資産税評価額×1.5%

③住宅ローンの抵当権設定登記:借入額×0.1%

 

上記の他にも、引っ越し代やカーテン・カーペットなどの家具類、火災保険料などが必要です。

 

上記に記載したものは全て、物件の価格に応じて金額が変わるものになり、諸費用はマンション購入価格によって変わります。

  

マンション購入の諸費用は具体的にいくら?シュミレーションで解説

それでは実際に諸費用について試算していきます。

 

今回は、中古マンション購入時の試算です。物件価格は、国土交通省が公開している中古マンション購入資金の平均2,819万をもとに2,800万とします。(出典:国土交通省 住宅市場動向調査

 

今回の条件は以下の通りです。

 

中古マンション価格(仲介不動産会社を通して個人から購入):2,800万

金融機関:ソニー銀行

 融資事務手数料:4.4万

 借入額:2,380万

頭金(物件価格の15%):420万

 

※登録免許税の計算には、本来固定資産評価額を使用しますが、本記事では購入時の価格を使用。土地の登録免許税は考えないものとします。

※前章で解説した、不動産取得税、消費税は含まないものとします。

 

 

2,800万の中古マンションを購入した場合、諸費用はざっくりと約209万。この数字は、2,800万の約7%になります。

 

ただし、上記あくまでもざっくりとした目安です。この他にも、不動産取得、消費税、引っ越し代などの費用がかかります。

 

諸費用は融資に組むことができる場合もありますが、可能な限り自分で用意すると、将来の返済負担を減らすことが可能です。

 

詳しい諸費用が気になる人は、不動産屋さんに見積もりを依頼することをおすすめします。

より幅広く相談がしたい方は、LINEにてお気軽にお問合せください。

マイホームに関する最新の独自情報もお届けしています。LINEの登録者数は10,000名を超えました。

リビングキャンプ運営:Flatwork株式会社

友だち追加

合わせて読みたい記事