家を買う時の流れについて【解説】

家を買うとなると、一体どんな手順でどんな流れで進んでいくのかわからない人も多いでしょう。

こちらの記事では、家を買う際の流れについてまとめています。

この記事はFlatwork株式会社が監修しております。(リビングキャンプ運営)

東京都知事から認可を受け正式に宅建業免許を取得しています。<免許番号>東京都知事認可(1)第104151

実際にマイホームの仲介業務をしているので現場のリアルな情報をお届けしていきます。

◆家を買う際の契約までの流れを知ろう

まず、家を買う流れの第一歩として大切なのが、いかに物件の情報を収集できるかです。

 

もちろん、出会ったその日に購入手続きをしてしまうという人も中にはありますが、多くの場合、1ヶ月程度かけて物件情報の収集をしたり、見学をしたりと下調べをします。

 

あまりにも長く時間をかけると、結果的にどの家にするか迷ってしまうことも多々あるので、気をつけましょう。

 

そして、選び抜いた家を買うための次のステップは、契約です。

 

このタイミングで、住宅ローンを組む人は事前審査を行うこととなります。

 

家を買う時には、物件自体の購入の流れと、住宅ローンなどお金の流れとの二重構成になるので、漏れがないように進めていくことが大切です。

 

大まかな流れをしたの表にまとめていますのでご覧ください。

 

 

こちらの表からわかるように、売買契約を結ぶまでに、住宅ローンは事前審査と本審査の二回の審査を受けます。

 

この審査にもそれぞれ3日〜1週間程度時間がかかりますので、把握しておくとよりスムーズに物件購入が進められます。

   

◆契約から家の引き渡しについて

続いて、契約から家の引き渡しまでの流れをまとめてみます。

 

ここまでくると、いよいよ自分の家を買うという実感が湧いてくるのではないでしょうか。

 

この契約時に必要な初期費用なども準備をしなければならないこともあるので、前もって不動産会社に確認をしておきましょう。

 

契約後の流れとして、まず内覧が行われます。

 

このタイミングで、初めの設計図や契約内容と異なる点がないかどうかをしっかりとチェックします。

 

もしも、ここで異なる点が出てきた場合、家を買う流れの最終ポイントとなる引き渡しの時までに修正が行われることとなります。

 

ですから、ドアの開閉具合や水場のこと内装に傷がないかなども、内覧の際に残さず確認しておく必要があります。

 

また、引き渡し後の引越しでもスムーズに進められるように、家具や家電を配置する場所のサイズを確認するのも内覧の日が適しているでしょう。

 

そして、住宅ローンも本審査が通り、決済が降りるとようやく念願である自分の家を手にいれる日である引き渡しとなります。

 

この日に、物件の鍵を受け取るため、最終的に家を買ったという実感が湧くタイミングと言えるでしょう。

 

さらに、司法書士による所有権についての登記等が行われ、自分の家での生活が始まるということになります。

 

もちろん、所有権の登記は自分でもできます。

 

自分でされる場合には、下記の表にまとめた必要情報を前もって準備しておくと、よりスムーズでしょう。

 

出典:法務局

 

物件的な家を買う流れはここでゴールです。

 

もちろん、住宅ローンの契約をした人は、この先も長い付き合いとなりますし、自分の家での暮らし自体は、ここがスタートとなります。

 

出来るだけ早くマイホームを手に入れたい気持ちはわかりますが、物件についての細かな情報はもちろん、立地の利便性や資金繰りなどもしっかりと理解した上で決めていくことが重要です。

 

そして、スムーズに家を買うためにも、前もって購入の流れを把握しておくことをおススメします。

 

次の章で、その辺りをまとめていきます。

 

◆スムーズな流れで家を買うために

家を買うとなると、様々な手順を踏む必要があるため、出来るだけスムーズに手続きが進むように心がけることをおすすめします。

 

具体的にどうするかというと、各行程でどんなものが必要なのかをしっかりと把握しておくことです。

 

下記の表をご覧ください。

それぞれの段階に分けてご紹介します。

まず、購入前の相談やリサーチ時に必要な書類がこちらです。

 

 

初めの段階ですが、この先の家を買う流れがよりスムーズにいくために、予算関係の書類もしっかりと用意しておきましょう。

続いて、売買契約の際に必要なものをみてみましょう。

 

 

この時点では、場合によっては現金も必要になります。

前もって不動産会社に確認をとっておくことが大切です。

そして、家を買うために多くの人が利用する住宅ローンの手続きにおいて必要な書類です。

 

 

当然ながら収入についてしっかりとわかるような書類が必要となります。

 

例えば前年の源泉徴収票や確定申告書などは、勤め先に依頼して出してもらう必要があるものですから、前もって手配をしておく方がスムーズな流れにつながるでしょう。

 

最後に、入居直前である残金決済時についてです。

 

 

いよいよ引き渡しという段階ですから、ついつい必要なものを忘れてしまいがちなタイミングとも言えます。

 

住民票など役所に行って手続きをする必要があるものもありますので、前もって必要書類を不動産会社に確認して最後まで抜かりなく用意をしましょう。

 

何よりも、このように必要なものを確認しておくことがスムーズに家を買う流れにおいて大切なことなのです。

より幅広く相談がしたい方は、LINEにてお気軽にお問合せください。

マイホームに関する最新の独自情報もお届けしています。LINEの登録者数は10,000名を超えました。

リビングキャンプ運営:Flatwork株式会社

友だち追加

合わせて読みたい記事