中古戸建の火災保険、本当に必要なの?その選び方を考えましょう!

中古戸建ながらも念願のマイホームを手に入れた際、注意しなければいけないのは火災保険の加入です。

この記事では中古戸建に関する火災保険の選び方などについて解説しています。以下より一緒に学んでいきましょう。

この記事はFlatwork株式会社が監修しております。(リビングキャンプ運営)

東京都知事から認可を受け正式に宅建業免許を取得しています。<免許番号>東京都知事認可(1)第104151

実際にマイホームの仲介業務をしているので現場のリアルな情報をお届けしていきます。

中古戸建、火災保険の選び方を知る前に、火災保険の重要性を知っておこう!

「普段から注意を払って生活をすれば火災保険に加入する必要はないのでは」と考えている人もいるでしょう。

 

また、中古戸建を購入した人は、本当は新築が購入したかったけど、予算の都合で仕方なく中古にしたという人も少なくありません。

 

そのため、出費を抑えるために火災保険はパスしてもいいかも、と検討している人もいるでしょう。しかし、日々の生活では火災というものは遠い存在ではないのです。

 

消防庁が発表したデータによると、平成30年に起きた建物火災の件数は2万件以上です。

 

消防庁「平成30年(1~12月)における火災の状況(確定値)」2ページより

 

上記のデータでわかることは、火の扱いは日常生活で必須であり、避けては通れないということです。

 

火を扱うことが当たり前である以上火災が発生する確率も高くなり、どれだけ注意を払っても上記のデータのように1年で2万件も火災が発生してしまうのです。

 

また、いくら火の扱いに最新の注意を払っても、ガスコンロの不調や放火など自身以外の原因で火災は発生します。

 

そのため、火災保険の加入は任意とはいえ、日々の生活を守ために重要なことなのです。

 

火災保険に加入する必要はないと考えている人は、消防庁のデータを確認して、もう一度加入を検討してみてはいかがでしょうか。

   

中古戸建における火災保険の選び方、重要なのは特例の確認!

中古戸建の火災保険を選ぶ際、注目すべきポイントは、その火災保険にどのような「特例」が用意されているかをチェックすることです。

 

特例とは、火災に関する保険に備わった主な補償以外のオプションのことで、保証会社によって特例の内容は異なります。

 

特例は、日常で起こる可能性のある火災以外のトラブルを補填する機能があるため、特例を充実させておけば、日々の生活をより安全に過ごせるでしょう。

 

特例にはどのような特徴があるのか、代表的な特例3つを次より紹介します。

 

・類焼損害補償特約

 

火災によって起こる二次的な被害を補填するのがこの特例です。

 

火災で恐ろしいパターンは、自身の建物や家財だけでなく近隣の環境にも被害を及ぼすことですが、失火責任法という法律が認められると、他者への損害賠償を負わなくても良いケースがあります。

 

しかし、被害をこうむった近隣の人たちとの関係性は悪化してしまうでしょう。

 

火災で起きた近隣の被害を補償して、関係性の悪化を抑制する機能があるのが、この特例なのです。

 

・個人賠償責任補償特約

 

自身、または家族の過ちで他人にケガを負わせる、他人の所有するものを壊してしまって損害賠償が発生したとき、サポートしてくれるのがこの特例です。

 

特に子どもがいる家庭は、子どものいたずらなどによって損害賠償責任が起きる場合もあります。そのような日常のトラブルも、この特例に加入していれば安心です。

 

この特例は、自動車保険でも扱っている場合があるので、火災と自動車で重複しないように注意することも大事です。

 

・失火見舞費用保険金

 

類焼損害補償特約と似ているのが、この特例です。

 

火災保険対象の建物から火災が起きて、その災害によって第三者の所有しているものが破損した場合、この特例が損害を補償してくれます。

 

ひとつの世帯に対して支払われる金額は20〜30万円ほどです。

保険会社によって金額は異なるので、確認する必要があります。

 

以上3つの特例は、保険会社によって違う名称で用意されている場合もあるので、特例の内容もしっかりとチェックしましょう。

 

中古戸建の火災保険の選び方でやるべきことは、ひとつの保険会社ではなく、いくつかの会社へ見積もりを出してもらうことです。

 

いくつかの保険会社を見て比較することによって「どの保険が値段的にお得か」「自分に見合った特例はどこなのか」などを知ることができます。

 

しかし、保険会社を1社ずつ連絡をして見積もりを出してもらうと、手間がかかり面倒です。

 

そのような手間を省くためには、火災保険専用の一括見積もりホームページを利用するのがいいでしょう。

 

これは、基本情報を1回入力するだけで、自動的に複数の保険会社の見積もりが完了するホームページです。

 

ほんの数分で見積もり依頼が済み、ホームページに登録されている保険会社も審査を通過した真っ当な会社ばかりなので、安心して利用できます。

 

そして、このサイト利用のメリットは、スマホなどのネット環境さえあればどんな場所でも24時間依頼できる点です。

 

土日、祝日でも可動しているので、自分の都合に合わせて利用できます。ただしサイトはいつでも利用できますが、登録されている保険会社は平日のみ対応のところもあるので見積もり完了に時間がかかる場合もあるでしょう。

より幅広く相談がしたい方は、LINEにてお気軽にお問合せください。

マイホームに関する最新の独自情報もお届けしています。LINEの登録者数は10,000名を超えました。

リビングキャンプ運営:Flatwork株式会社

友だち追加

合わせて読みたい記事