【財テク】戸建て購入に必要な頭金とそのメリット・デメリット

戸建て購入を検討した時、最初にぶつかるのが『頭金の金額問題』ですよね。

どのくらい必要なのか。

気になっている方も多いことでしょう。

この記事では、そんな方のために頭金について解説をしていきます。

是非最後まで御覧くださいね。

この記事はFlatwork株式会社が監修しております。(リビングキャンプ運営)

東京都知事から認可を受け正式に宅建業免許を取得しています。<免許番号>東京都知事認可(1)第104151

実際にマイホームの仲介業務をしているので現場のリアルな情報をお届けしていきます。

頭金ってなに?

 

「頭金ってよく聞くけどどういうものなのかいまいちピンとこない」

そんな方のためにまずは、頭金について解説していきます。

 

家を買う時の購入代金を一括で支払うという方は少ないでしょう。

住宅ローンで月ごとに分割して支払うのが一般的です。

 

戸建て物件の購入時に購入代金の一部を売主に対して現金で支払います。これが頭金です。

※頭金は物件代金に充当する性質なのでコストではありません

 

頭金はどのくらいの必要?

 

戸建て購入時の頭金は、物件価格の約1割前後くらいを支払う事が多いです。

最近ではフルローンや諸費用まで借入れるケースも非常に多いです。

 

もし購入金額が2500万円だとしたら、250万くらいということになりますね。

ただ、これはあくまで目安なので、自分の貯蓄から無理のない金額を支払うことをおすすめします。

 

無理して支払って、毎月の返済ができなくなったり、生活に支障が出るようになっては元も子もないですからね。

  

頭金を入れなくても戸建て購入は可能?

 

「頭金が足りないから、戸建ての購入ができないなぁ」

 

朗報です。

実は、頭金がなくてもマイホームを取得することは可能です。

 

最近ではフルローンで融資が受けられることは一般的で珍しくありません。

もちろんそれぞれ審査次第ですが、必ずしも頭金を入れる前提ではないことは認識しておくべきです。

 

頭金のメリット・デメリット

頭金を入れるメリット

 

利息負担が軽減される

 

購入代金を全額ローンにした場合、頭金を支払った場合よりも支払い合計額が高くなります。

理由は融資金額に対して利息がつくのでその額が大きい分、利息が増すからです。

 

利息なんて大したことないと思われるかもしれませんが、積み重なっていけば大きな差額が生まれます。

そのため、頭金アリの方がお得なんです。

 

毎月の支払いが楽になる

 

頭金を支払うと借入額を減らすことができますよね。

そうすると、当然ですが月々の返済額も少なめに設定することができます。

 

返済に余裕が出来ることで、生活にもゆとりが生まれます。

家計の他の部分にお金を回すことだって可能です

 

住宅ローン審査に通りやすくなる

 

全額ローンで組める銀行が増えたとはいっても、やっぱり銀行もできるだけ信用できる人にお金を貸したいと思うのが当たり前です。

頭金としてまとまったお金を持って契約に来た人。

 

お金を持たずに契約に来た人。

どちらの方が信用に値するか明らかでしょう。

 

頭金を入れるデメリット

 

①手元資金が減少するため、証券運用などができなくなる。

②不測の事態に備える資金力が低下する

生活に支障が出ることは厳禁なのでゆとりがある範囲内で頭金を入れましょう。

合わせて読みたい記事

まとめ

 

今回は頭金の金額や必要性についてお話しをしました。

 

頭金のメリット・デメリット

 

 

戸建てを購入するのは、人生においても大きな一大イベントです。

是非後悔のないように、じっくり計画を立てて購入してくださいね。

より幅広く相談がしたい方は、LINEにてお気軽にお問合せください。

マイホームに関する最新の独自情報もお届けしています。LINEの登録者数は10,000名を超えました。

リビングキャンプ運営:Flatwork株式会社

友だち追加

合わせて読みたい記事