夫婦で力を合わせれば住宅ローンが組める!夫婦専用のローン「ペアローン」って何?

一軒家の購入をして住宅ローンを組んだ際、月々の返済に頭を悩ませている人も少なくないでしょう。そのような悩みに対して強い味方となってくれるのが「ペアローン」です。ペアローンとはいったいどのような性格の返済方法なのでしょうか。この記事ではペアローンの特徴やメリットなどについて紹介します。

この記事はFlatwork株式会社が監修しております。(リビングキャンプ運営)

東京都知事から認可を受け正式に宅建業免許を取得しています。<免許番号>東京都知事認可(1)第104151

実際にマイホームの仲介業務をしているので現場のリアルな情報をお届けしていきます。

ペアローンとは?他の住宅ローンとどう違うの?

ペアローンとは、ひとつの物件に対して夫婦が個別に支払いの約束をするタイプのローンです。住宅に関するノーマルタイプのローンは、家族を代表したひとりが契約することによって、ローンが成立します。

 

夫の年収によって借入額が決まるシステムなので、収入がその希望額に見合っていないと多くの金額は借入できません。

 

しかし、妻が専業主婦ではなく働いていてある程度の収入がある場合、ペアローンで契約をすれば妻の収入も返済にあてられます。それらによって、夫ひとりの収入よりもより大きな金額の住宅ローンを組めるのです。

 

ペアローン以外にも「夫婦共同で債務の契約をする」「連帯保証人を配偶者名義に」というものがあります。

 

出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査データ

上記のグラフを見てもわかる通り、共働きの層は年々増える一方です。夫婦のなかには、あえて子どもを生まない夫婦も増えているので、専業主婦の割合は減っている傾向です。

 

そのため、夫婦のどちらかが家にいる必要もなくなり、夫婦での共働きがやりやすいといえます。このデータを見る限り、夫婦の一方だけの稼ぎで住宅ローンを支払うのではなく、ふたりで支払うという手法は今の時代にふさわしいシステムといえるでしょう。

 

夫婦共同で契約をする場合、その返済にかかる責任も夫婦共通です。結婚した者同士のもう一方の人が連帯保証人になった場合、返済義務は夫ひとりですが、返済滞納などが起きた場合、妻が連帯保証人として責任を負わなければいけません。

 

それらに対してペアローンは夫婦が個別で契約をする方法なので、ひとつの家にふたつの住宅ローンが存在することになります。

 

そして、夫婦がお互いの連帯保証人として契約するのも、他の住宅ローンとは違うペアローンの特色といえるでしょう。

    

ペアローンのメリット、デメリットとは?

 

ペアローンは夫婦にとって心強い住宅ローンですが、その特徴は夫婦にとってデメリットになる可能性もあります。

 

住信SBIネット銀行ホームページ

 

一覧表をみてわかる通り、ペアローンにはいくつかの特徴があり、これらの特徴は長所だけでなく短所になることもあります。それぞれの特徴を次より解説しましょう。

 

・ペアローンのメリット

 

①借入可能金額が増える

 

ペアローンの利点は単独での契約より借入可能な額が増えるため、より立派な住居が入手できる点です。夫婦ふたりが1組になって契約をした場合でも借入額は増えますが、夫婦ふたりの収入をすべて合計できるわけではありません。

 

しかし、ペアローンであれば夫婦ふたりの収入をそのまま住宅ローンに反映することが可能です。

 

立派な一軒家を購入したい場合、ペアローンであれば高額のローンであっても審査を通過できる確率は高くなるといえるでしょう。

 

②異なった金利プランを選べる

 

夫ひとりで、あるいは結婚した者同士が一緒になって住宅ローンを組むと、金利プランは1種類しか選ぶことができません。

 

しかし、ペアローンの場合、結婚した2名がそれぞれ別の金利プランを選んで住宅ローンを組むことが可能になります。

 

例えば、収入の多い夫が長期的なプランを選び、収入が少ない妻が低金利のプランを組むといった具合です。

 

このように夫婦それぞれが自分の収入に合ったプランを組めば、金利の負担を少なくして月々の返済の苦労を軽減できます。

 

③住宅ローン控除を夫婦それぞれが受けられる

 

住宅ローンを組むと住宅ローン控除の対象になります。これは、新築を購入してローン契約をすると、納税した税金が戻ってくるという制度です。

 

返ってくるお金はローンの残りによって決まり、10年間は控除を受け取ることができます。通常の住宅ローンの場合、控除される金額は最大40万円です。

 

しかしペアローンなら控除額が結婚した者同士ふたりが計上されるので、40万円の2倍の合計80万円になります。

 

・ペアローンのデメリット

 

①夫婦のうち、どちらかが保険対象外になる

 

住宅ローンを組むと「団体信用生命保険(以下「団信」)」に加入することになります。これは、住宅ローンを契約した人物が死亡して返済が不可能になったとき、ローン残高を保険で支払う制度です。

 

ペアローンで契約した場合、結婚しているふたりが個人で団信に加入しますが、これはメリットでもありデメリットでもあります。

 

ペアローンを契約した夫婦のうちどちらかが亡くなった場合、亡くなったほうの残されたローンは団信によって完済されますが、存命されているほうのローンに団信は適用されないのです。

 

通常の住宅ローンであれば債務者が亡くなったら団信により残ったローンは完済されるので、ペアローンは得ではないと思う夫婦もいるでしょう。

 

②各種手数料も2倍かかる

 

住宅ローンの契約をすすめると、いくつかの手数料が発生します。

 

その手数料とは、投機手数料、司法書士に発生する報酬、印紙にかかる料金などです。通常の住宅ローンであれば各種手数料はそれぞれ1度の支払いで済みますが、ペアローンの場合は夫婦ふたりなので単純に2倍の料金になります。

 

住宅ローンを組むまでの出費を抑えたいと考えている夫婦は、ペアローンを選ぶと余分な出費になると思うかもしれません。

 

ペアローンかそれ以外のローンか、よく考慮して申し込みをしよう!

 

ペアローンは、ノーマルタイプのローンより、より大きい金額のローンが成立するので、夫婦にとって理想のマイホームを手に入れるための強い味方となってくれるでしょう。

 

しかし、夫婦によってはペアローンのシステムが欠点になってしまう可能性もあります。

そのようなリスクを避けるためには、申し込みの前にペアローンの詳細を詳しく知っておくことが大事です。夫婦で相談をして自分たちに見合ったローン計画を立てましょう。

より幅広く相談がしたい方は、LINEにてお気軽にお問合せください。

マイホームに関する最新の独自情報もお届けしています。LINEの登録者数は10,000名を超えました。

リビングキャンプ運営:Flatwork株式会社

友だち追加

合わせて読みたい記事