東京で働く女性たちのマンション購入事情やメリットについて !

東京都内で憧れのマンション暮らしをしてみたい女性は多くいるのではないでしょうか。

ずっと賃貸で暮らすよりも、自分のスペースとしてマンションを購入した方がメリットも多そうですよね。

こちらの記事では、女性のマンション購入についてまとめていますので、ご参考になさってくださいね。

この記事はFlatwork株式会社が監修しております。(リビングキャンプ運営)

東京都知事から認可を受け正式に宅建業免許を取得しています。<免許番号>東京都知事認可(1)第104151

実際にマイホームの仲介業務をしているので現場のリアルな情報をお届けしていきます。

流行りのコンパクトマンションのこと

  

みなさん、コンパクトマンションをご存知ですか?

以前は、物件購入となると一軒家だったり、3LDKくらいのファミリー向け間取りが主流でした。

今需要が多いのは、主流だったファミリー向けサイズよりも小さめのコンパクトマンションというジャンルです。

 

ワンルームマンションよりも広く、ファミリータイプとの間くらいのサイズで、広さが30〜50平米、間取りは1DK、1LDK、2LDKが主流です。

 

部屋数は少ないものの、一部屋の広さがファミリータイプよりも広いのが特徴です。

特に、東京のワンルームマンションのイメージといえば、独身向けで狭く、仕事に疲れて帰って寝るためのスペースという印象がありますが、コンパクトマンションにはスペースにゆとりがあるため、1人時間の充実はもちろん、友人たちを招いての食事などにも向いている間取りになっています。

 

一人暮らしの女性にぴったりのマンション

先ほどの章でも少し触れましたが、多くのワンルームマンションは、独身の方向けに造られているため、広さや設備等も最小限であったりする場合があほとんどです。

 

ところが、独身向けマンションとなると、設計のイメージが異なります。

特に独身女性が暮らした場合、その先に結婚したとしても暮らしやすい設計になっているのです。

 

結婚後もゆとりある暮らしができるように考えられているため、スペースはもちろん設備にもこだわっていたり、立地も考慮されています。

コンパクトマンションの特徴の一つとして、東京などの都市部に建てられていることが多い点です。

 

職場と暮らしの場が近いことが魅力と言われる最近の流れに沿って、東京等の都市部においてコンパクトマンションのような住宅開発に合わせて、学校や福祉施設なども近くに建てられることが増えているのです。

 

こう言った周辺環境も踏まえると、いかにコンパクトマンションが結婚を控える女性においても魅力的である上に、もちろんシングルで生きていくという人でも、通勤に便利なため暮らしやすい物件だと言えます。

  

結局賃貸よりも安いの?

 

東京での暮らしというと、やはり家賃の心配はありますよね。

実際、多くの賃貸マンションは、地方の家賃平均に比べて東京の方が高くなっています。

 

ところで、マンションを賃貸ではなく購入した場合に、同じタイプの賃貸マンションの家賃と比べてどれくらいの差があるのでしょうか。

まず、東京で暮らした場合の家賃相場をご覧ください。

参考までに東京と新宿区の例をご紹介します。

 

 

東京都新宿区における新築マンションで、広さが30平米くらいの家賃相場は、ご覧の通り13万5,900円くらいでした。

これに対比して、同じく新宿区で同じくらいの広さを持つ新築コンパクトマンションを見てみました。

 

 

さらに、住宅ローンを組んだ場合の、月々の支払額を確認してみました。

 

 

こちらの例はボーナス払いも組み込んだ場合の試算ではありますが、例え、均等払いの契約をしたとしても、実は賃貸マンションの家賃を支払うよりも安くなるのです。

 

とは言え、これは一例であって、実際に住宅ローンを組もうとしている方は、しっかりと金利や返済期間のことなどを踏まえて計算し、比較することが大切です。

 

もう一つ気をつけておきたいのは、賃貸と違ってマンションを交遊する場合は、物件の費用だけではなく、毎月かかる管理費などが必要となったり、固定資産税がかかってきますので、こちらもプラスして考えることが必要です。

 

気をつけたいポイントを踏まえた上で、月々の支払いが賃貸マンションの家賃よりも安くなるかどうかを計算しましょう。

もちろん、賃貸で暮らしても身軽であるというメリットなどもあります。

しかし、

賃貸マンションの家賃よりも月々の支払いが安くなるという可能性もある上に、将来的に売却するという選択肢ができる

上記点を踏まえると、マンションを購入するというのも非常にメリットがあると言えます。

 

働く独身女性がマンションを購入する際のメリットをご紹介!

コンパクトマンションの魅力がわかったところで、実際のところ働く女性たちがどれくらいマンション購入に注目しているかどうかを調べてみましょう。

2017年にリクルート住まいカンパニー社が調査したグラフがあります。

 

このグラフでは、スーモカウンターにてマンション購入の相談をする人の中に占めるシングル女性の割合を示しています。

2014年度は2.6%だったのですが、2016年度にはなんと9.9%まで増え、実に2.6倍ということになります。

 

もちろん、全体的な割合としては少ないのですが、独身女性がマンションに注目する率は年々増加傾向にあるのは間違いありません。

それでは、これだけ注目を浴びているコンパクトマンション購入についてのメリットをまとめてみましょう。

 

**結婚しても暮らしていける

 

女性がマンションを購入するとなると、結婚することが起こった際にどうしたらいいのだろうということを考える人が多いのではないでしょうか。

例えばワンルームマンションを購入してしまったら、結婚した際に手狭になることが目に見えますし、反対に1人でファミリータイプの広いマンションを購入したらなんとなく落ち着きませんよね。

 

ところが、コンパクトマンションだと、その広さも30〜50平米ということもあり、間取りも1LDK、2LDKともし結婚したとしても暮らしやすい構造となっています。

どんな人生が待っていても、心地よく暮らしていけるのがコンパクトマンションなのです。

 

**バリバリ働ける環境が構築できる

 

東京に多く建てられているコンパクトマンション。

勤務先である街から近い場所で暮らすことによって、通勤の問題が解決されます。

 

満員電車等によるストレスや疲れは相当なものですが、近くに暮らすことでその悩みが解決され仕事のパフォーマンスも上がるのではないでしょうか。

こう言った理由で、職場の近くに暮らすことに対して家賃補助を出すような企業もチラホラとみられます。

精神的負担や肉体的な疲労を改善させるためにも、コンパクトマンションを購入して暮らすことはメリットの一つと言えます。

**魅力的な設備も満載

東京での女性一人暮らし。

ここで問題になるのは、セキュリティについてですよね。

女性一人暮らし向けのコンパクトマンションはセキュリティが整っていることはもちろん、部屋自体の設備も女性に嬉しいものになっています。

例えば、空間が広くとってあるため、ウォークインクローゼットがあったり、洗面台が独立していると言った設備があることが多いです。

 

**プライベート時間も充実

先ほどもご紹介しましたが、東京の都心部に暮らすことで通勤時間が短くなるメリットがあります。

これに合わせて、自分時間が充分に持てることで趣味にたっぷり時間を使うことができたり、仲間との食事を楽しむことも独身女性にとってのメリットです。

 

もしも、都心より離れたところに暮らしていたならば、なかなか確保することのできない自分時間ですが、都心であって駅からも近いということになると、習い事に通ったりもしやすくなります。

また、コンパクトマンションの魅力として、寝室とリビングが分かれているという点があります。

ですから、自宅に友達を呼んで食事を楽しむといことも十分に可能なのです。

仕事の充実と合わせて、プライベートも充実していくのはとても大きなメリットと言えますね。

**ローンが資産に?

 

賃貸マンションに暮らしていると叶わないことの一つが、マンションを購入した場合、ローンが完済した時点でその物件は資産となります。

例えば先の例にも登場した、東京都新宿区の物件で考えてみましょう。

ローンを組んだ当初の家賃が 13万5,900円だとして、年間家賃が1%ずつ下がったとします。

そうすると、下記の表のように35年ローンの場合、完済時の家賃は97,539円となります。

 

 

この物件で家賃収入を考えてみましょう。

 

 

これだけみても、完済時に非常に大きな資産となることがわかりますね。

 

マンション購入をイメージしてみよう

ここまでのまとめを踏まえて、実際にコンパクトマンションを購入した時のイメージをしてみましょう。

不動産情報サイトにて掲載された、2019年6月に販売開始された物件をもとにシミュレーションします。

 

この物件を35年ローンで買った場合の支払額は下記の通りになります。

 

この場合ですと、月に80,814円で新宿区内に暮らすことができ、物件を所有することまでできます。

とは言え、この額に、維持費なども入ってきますので、自分の収入と照らし合わせて、負担がないかを確認する必要があります。

 

また、金利や返済期間についてもしっかりと踏まえて試算することも大切です。

さらには、長期のローンになることがほとんどですから、しっかりと返済をすることが可能かどうか、将来的に出るかもしれない修繕費など大規模な出費のことも忘れてはいけません。

金銭的なポイントをクリアしたならば、通勤にかかる負担についてみてみることにしましょう。

以下の表は、総務省がまとめた都道府県別の平均通勤時間ランキングです。

 

 

全国平均が1時間19分であるのに対して、東京は1時間34分と長めであることがわかりますね。

それでは、このマンションの場合はどうでしょう。

最寄駅の大久保駅を起点にまとめてみました。

 

この表をご覧いただいてもわかるように、都心に住むことで一気に通勤時間が短縮されます。

駅からの徒歩時間も合わせたとしても1時間に満たない可能性もありますので、通勤のストレスがずいぶん軽減されることとなります。

 

このようにメリットはありますが、長期間暮らすことを前提として、将来的な転勤等の可能性、また街の環境なども踏まえて物件を選ぶようにしましょう。

まとめ

 

バリバリ働く独身女性をターゲットに、東京にコンパクトマンションを購入した際のメリットをまとめてみました。

お金のことはもちろん、ライフスタイルのことも考えるとなかなかマンション購入までたどり着けない人も多いと思います。

 

実は、コンパクトマンションは、仕事もしっかりとこなし、プライベートも満たしていきたい人に非常に向いている物件であり、結婚をすることがあったとしても暮らしやすい構造であることがわかりましたね。

賃貸マンションに暮らし続けるのか、マンションを購入するのか迷ったとしても、この記事を参考に考えてみることができるのではないでしょうか。

より幅広く相談がしたい方は、LINEにてお気軽にお問合せください。

マイホームに関する最新の独自情報もお届けしています。LINEの登録者数は10,000名を超えました。

リビングキャンプ運営:Flatwork株式会社

友だち追加