【あなたは大丈夫?】戸建てを買う前に役立つ予算と頭金の知識

「人生初のマイホーム購入。戸建てを買う前に知っておくべきことは?」

戸建てを買う前には、住宅や建設会社の情報収集、住宅ローンや税金のことなど知っておくべきことがたくさんあります。特に知っておくと役に立つことは、お金のことです。

今回は、戸建てを買う前に知っておくと役立つ物件の予算や頭金の解説です。

この記事はFlatwork株式会社が監修しております。(リビングキャンプ運営)

東京都知事から認可を受け正式に宅建業免許を取得しています。<免許番号>東京都知事認可(1)第104151

実際にマイホームの仲介業務をしているので現場のリアルな情報をお届けしていきます。

あなたは大丈夫?戸建てを買う前に知っておくと役立つ【予算の知識】

戸建てを買う前に考えることは、物件の予算。物件の予算を決める時に、年収を基準に考える方法があります。

 

以下のグラフは、建物別の年収倍率をあらわしたものです。

 

出典:住宅金融支援機構 フラット35 利用者調査

 

年収倍率とは、物件価格÷年収で計算され、たとえば年収600万の人が3,000万の戸建てを購入した場合、年収倍率は5倍です。

 

上記グラフの通り年収倍率は近年上がっており、最も年収倍率が高い土地付き注文住宅は7.3倍。

 

上記グラフの2019年度の年収倍率を利用して、年収500万の人の物件価格を計算すると以下の通りになります。

 

年収500万の人の場合

 

 

あなたが現在検討している予算と比べてどうでしょうか?年収倍率が同じくらい、または上記よりも多くなった場合、要注意。

 

これから解説する内容を確認して、本当にその予算で問題ないか再検討しましょう。

 

まず確認して欲しいことは、購入後の費用と金利についてです。

 

現在毎月の家賃10万の人が、住宅ローンの毎月返済額10万の借入をするのは危険。理由は以下の2選です。

 

・購入後は固定資産税と修繕積立金が必要

・変動金利、当初固定金利の場合、返済額が大きく上がるリスクがある

 

戸建てを購入後は、住宅ローンの返済に加えて固定資産税と修繕積立金がかかります。

 

固定資産税は毎年1月1日に不動産を持っている人が支払う税金で、税額は住宅によって異なります。

 

また、戸建ての場合は老朽化などで修繕が必要な場合、全て自己資金での対応が必要です。

 

国土交通省が行った調査では、修繕費所要資金の平均は241万でした。

(出典:国土交通省 住宅市場動向調査

 

リフォーム資金がいくら必要になるかは住宅によって変わりますが、仮に15年後にこの費用が必要になる場合、毎月1.3万の積み立てが必要。

 

もしも今の家賃と毎月の住宅ローン返済額を同じ額で予算を組むと、毎月2.3万の支出が増えることになります。

 

さらに、変動金利や当初固定金利を選択した場合、低金利が続いている現在は借り手が有利ですが、金利が上がるリスクがあることも知っておく必要があります。

 

戸建てを買った直後は返済できるかも知れませんが、子供の進学などで生活費が増える時期に家計が破綻してしまう可能性も。

 

戸建てを買う前に、今の住宅ローン借入額で問題ないか、もう一度確認してくださいね。

   

知らないと将来ピンチ?戸建てを買う前に必要な頭金のこと

前章では戸建ての予算について解説しましたが、ここでは頭金について解説します。

 

ここでのポイントは、「頭金の用意はできる範囲でする」ということです。

 

頭金の支払いで貯金を0円にすることは危険です。

金融機関によっては、頭金がなくても住宅ローンの融資を受けることも可能。

 

頭金の支払いよりも、手元に緊急時のお金を残しておくことを優先しましょう。

 

特に、2020年は新型コロナウイルスの影響で一時的に経済活動がストップし、多くの人に影響が出ています。

 

お金の情報サイトを運営している株式会社GVの調査で、2020年夏のボーナス支給されなかった人の割合は26.9%。

そのうちの66.5%は会社の業績が悪いため(コロナによる経営悪化含む)という回答でした。

(出典:株式会社GV 2020年夏ボーナス調査

 

今はあなたの家計に影響が出ていなくても、今後影響が出る可能性もあります。そのため、緊急時の資金を手元に残し、それでも余裕があれば頭金にまわしましょう。

 

ただし、頭金を多く用意できればメリットも大きいです。具体的なメリットは、以下の通り。

 

・金利が低くなる

・返済の負担が減る

・審査に通る確率が上がる可能性がある

 

住宅ローンを借り入れる時に利息の支払いが発生しますが、頭金を多く用意していると金融機関によっては金利が低くなります。

 

また、利息はローンの残高に対して発生するため、借入額が少ないほど利息の負担も軽減されます。

 

以下は、2,500万の戸建てを購入する時に、頭金を500万用意した場合と200万用意した場合を比較したものです。

 

 

今回のシミュレーションで利用したフラット35 では、頭金が10%あるかどうかで金利が変わります。

 

上記の試算結果の場合、頭金を10%以上用意した場合とそうでない場合では、毎月1.2万の差でした。

 

また、頭金を多く用意できると審査でプラスになる可能性もあります。

 

国土交通省の調査では、審査で融資率を考慮する金融機関は79.6%というデータも。

(出典:国土交通省 民間住宅ローンの実態に関する調査

 

以上のように、頭金は可能な範囲で準備すること、頭金を用意するとメリットが大きいということを覚えておいてくださいね。

 

今回解説した予算や頭金について、戸建てを買う前に再検討し、あなたの家計に適した予算でマイホームを手に入れましょう。

より幅広く相談がしたい方は、LINEにてお気軽にお問合せください。

マイホームに関する最新の独自情報もお届けしています。LINEの登録者数は10,000名を超えました。

リビングキャンプ運営:Flatwork株式会社

友だち追加

合わせて読みたい記事