【予習】持ち家購入で後悔しやすいこと6選・失敗を防ぐ方法4選

マイホーム購入は絶対に失敗したくない。持ち家を持つなら安い中古物件がいいか、少し高くても新築にするかどっちがいいのか。

念願のマイホームを手に入れて幸せだったのに、今は大きな荷物になって購入を後悔している人は意外と多い。

今回は、持ち家を購入した時、どんなことに後悔するか、対処法などについて解説します。

この記事はFlatwork株式会社が監修しております。(リビングキャンプ運営)

東京都知事から認可を受け正式に宅建業免許を取得しています。<免許番号>東京都知事認可(1)第104151

実際にマイホームの仲介業務をしているので現場のリアルな情報をお届けしていきます。

【失敗から学ぶ】持ち家 購入で後悔しがちなポイント6選

持ち家の購入で後悔しがちなポイントは、以下6選です。

収支の変化で後悔

環境の変化で後悔

老朽化の進行で後悔

立地で後悔

間取りや内装で後悔

工務店選びで後悔

それでは一つずつ解説します。

 

収支の変化で後悔

 

持ち家購入後、住宅ローンの返済で苦しんんでいる人は多いです。具体的には、以下のような例があります。

 

例①子供の成長につれて、食費、塾、学費などがかかり全体的な支出が増えた

例②当時は夫婦共働きだったが、子育てに集中するために妻が仕事を辞めた

 

物理的に収支が変化してしまえば、同じ金額での返済が厳しくなるのは当然ですね。

 

環境の変化で後悔

 

持ち家を購入した当時は考えもしなかった、環境の変化も人々を悩ませます。環境の変化は、主に人間関係の変化・転勤・周囲の環境変化などが挙げられ得ます。

 

例①離婚することになり、持ち家が不要になって後悔

例②子供が増えて嬉しいが、想定外のため間取りが合わずに後悔

例③以前は仲の良かった隣人とトラブルになり、引っ越したいがなかなか引っ越せない

例④以前は閑静な住宅街だったのに、空き地に娯楽施設ができ治安が悪化

 

どんなに未来を想定しても、環境の変化を防ぐことは難しいですね。どうしても我慢できない場合は、引っ越しをしなければいけません。しかし、持ち家を手放す決断はなかなか難しいものです。

 

老朽化の進行で後悔

 

中古物件を購入した人に多いのは、老朽化による予期せぬ出費。中古物件は傷むのが早く、大規模なリフォーム費用や修繕費がかかり、新築購入の方が安かったかも…と悩む人も。

 

立地で後悔

 

住み始めてから、立地がよくないことに気がつく場合です。通勤・通学の便やスーパーへの距離など、一見ちょっとしたことでも、毎日積み重なると大きなストレスになります。

後悔しやすいポイントとして、具体的には以下のような例が挙げられます。

 

例①勤務地から遠くて、毎日辛い

例②昼間は安全だが、夜になると治安が悪い

例③駅やバス停から遠く、交通の便が悪い

例④スーパーや薬局が近くになく、買い物が大変

例⑤実は日当たりが悪かった

例⑥ゴミの収集日が土曜日の朝。前日には出せず、毎週起きるのが辛い 

例⑦子供の学区外のため、希望の学校に通えなくなってしまった

 

日当たり、ゴミの日、子供の学区などは見落としやすいポイントですね。

 

間取りや内装で後悔

 

間取りや内装など、実際に住んでみないと分からないことも多いです。

例えば、階段が狭い作りの場合、家具を2階へ運ぶことができないなど。また、子供の成長で家が狭くなってしまうケースもあります。

 

工務店選びで後悔

 

工務店選びで失敗し、後悔する人も。具体的には、修繕を頼んでもすぐに連絡をくれなかったり、新築なのに修繕が必要になるなど仕事が雑な場合です。

それでは、後悔しないためにはどうすれば良いのでしょうか。次で解説します。

  

【失敗を防ぐ】持ち家 購入で後悔しないためのポイント4選

 

持ち家の購入で後悔しがちなポイントは、以下6選です。

 

①収支の変化で後悔

②環境の変化で後悔

③老朽化の進行で後悔

④立地で後悔

⑤間取りや内装で後悔

⑥工務店選びで後悔

 

それでは一つずつ解説します。

 

収支の変化で後悔

 

持ち家購入後、住宅ローンの返済で苦しんんでいる人は多いです。具体的には、以下のような例があります。

 

例①子供の成長につれて、食費、塾、学費などがかかり全体的な支出が増えた

例②当時は夫婦共働きだったが、子育てに集中するために妻が仕事を辞めた

 

物理的に収支が変化してしまえば、同じ金額での返済が厳しくなるのは当然ですね。

 

環境の変化で後悔

 

持ち家を購入した当時は考えもしなかった、環境の変化も人々を悩ませます。環境の変化は、主に人間関係の変化・転勤・周囲の環境変化などが挙げられ得ます。

 

例①離婚することになり、持ち家が不要になって後悔

例②子供が増えて嬉しいが、想定外のため間取りが合わずに後悔

例③以前は仲の良かった隣人とトラブルになり、引っ越したいがなかなか引っ越せない

例④以前は閑静な住宅街だったのに、空き地に娯楽施設ができ治安が悪化

 

どんなに未来を想定しても、環境の変化を防ぐことは難しいですね。どうしても我慢できない場合は、引っ越しをしなければいけません。しかし、持ち家を手放す決断はなかなか難しいものです。

 

老朽化の進行で後悔

 

中古物件を購入した人に多いのは、老朽化による予期せぬ出費。中古物件は傷むのが早く、大規模なリフォーム費用や修繕費がかかり、新築購入の方が安かったかも…と悩む人も。

 

立地で後悔

 

住み始めてから、立地がよくないことに気がつく場合です。通勤・通学の便やスーパーへの距離など、一見ちょっとしたことでも、毎日積み重なると大きなストレスになります。

 

後悔しやすいポイントとして、具体的には以下のような例が挙げられます。

 

例①勤務地から遠くて、毎日辛い

例②昼間は安全だが、夜になると治安が悪い

例③駅やバス停から遠く、交通の便が悪い

例④スーパーや薬局が近くになく、買い物が大変

例⑤実は日当たりが悪かった

例⑥ゴミの収集日が土曜日の朝。前日には出せず、毎週起きるのが辛い 

例⑦子供の学区外のため、希望の学校に通えなくなってしまった

 

日当たり、ゴミの日、子供の学区などは見落としやすいポイントですね。

 

間取りや内装で後悔

 

間取りや内装など、実際に住んでみないと分からないことも多いです。

例えば、階段が狭い作りの場合、家具を2階へ運ぶことができないなど。また、子供の成長で家が狭くなってしまうケースもあります。

 

工務店選びで後悔

 

工務店選びで失敗し、後悔する人も。具体的には、修繕を頼んでもすぐに連絡をくれなかったり、新築なのに修繕が必要になるなど仕事が雑な場合です。

それでは、後悔しないためにはどうすれば良いのでしょうか。次で解説します。

 

持ち家の購入で後悔しないためには、持ち家の人の失敗から学ぶことが一番の近道です。ここでは、後悔しないためのポイント以下4選について解説していきます。

 

①無理のない予算決め・将来設計を慎重に

②立地の検討は頻度を考慮する

③周辺確認の調査は怠らない

④工務店やハウスメーカーは妥協しない ※戸建て限定

それでは一つずつ解説します。

 

無理のない予算決め・将来設計を慎重に

 

持ち家購入後、住宅ローンの返済や環境変化などで後悔しないために、無理のない予算決めとライフプランを慎重に考えることが大切。

 

持ち家購入後は、住宅ローンの返済だけでなく固定資産税や修繕費もかかります。また、通常住宅ローンは25年、30年など長期で組む人が多いため、将来の支出をしっかりと考えなければいけません。

住宅ローンを組む時は、将来最も支出が多い時期を基準に考えることがおすすめ。

 

立地の検討は頻度を考慮する

 

立地に関して譲れないポイントを抑えておけば、後々大きなストレスになることを避けられます。その際に、頻度を考慮して決めることがポイントです。

 

例えば、通勤や買い物はほぼ毎日ですが、市役所に行く頻度はそれほど高くない人が多いではないでしょうか。通勤や買い物に不便だと感じる場所だと、辛いと思う回数が増えて結果的にストレスを感じてしまいます。

 

また、土日はゆっくり休みたい人にとって、毎週土曜日早朝のゴミ出しはきついもの。

全てを叶えることは難しいですが、譲れないポイントを決めることで、ストレスを軽減することができます。

 

周辺確認の調査は怠らない

 

周辺の治安や日当たりなどは、事前に確認することが可能です。治安に関しては、昼間だけでなく、夜間を確認することもおすすめ。

 

また、日当たりに関しては、現在良好でも将来的に高層マンションが建築される可能性もあります。特に周辺に空き地がある場合は要注意。

 

工務店やハウスメーカーは妥協しない

 

持ち家を一から建てる場合、やらなくてはいけないことが多く、工務店やハウスメーカー探しに時間をかけられない場合もあります。しかし、建築前にしっかりしたところを探しておけば、アフターフォローも安心です。

  

まとめ

 

今回は、持ち家購入後、どんなことに後悔するかなどについて解説しました。

せっかく購入した夢のマイホームを手放さないように、持ち家の購入は焦らず計画的にすることが大切。

 

あなたのライフプランとしっかり向き合い、期間的にも金銭的にも、無理のない範囲で計画を進めましょう。

より幅広く相談がしたい方は、LINEにてお気軽にお問合せください。

マイホームに関する最新の独自情報もお届けしています。LINEの登録者数は10,000名を超えました。

リビングキャンプ運営:Flatwork株式会社

友だち追加

合わせて読みたい記事