【参考価格】平屋のリノベーション費用はどのくらい?

住まいをリノベーションすることで、使いやすさ・住みやすさがアップすることはもちろん、利便性も向上しますし、耐震化により安全性も格段に上がります。

また、二階建ての家を平屋に改築する「減築」もリノベーションとして人気です。

このような場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

平屋のリノベーション事例をもとに費用についてご紹介します。

この記事はFlatwork株式会社が監修しております。(リビングキャンプ運営)

東京都知事から認可を受け正式に宅建業免許を取得しています。<免許番号>東京都知事認可(1)第104151

実際にマイホームの仲介業務をしているので現場のリアルな情報をお届けしていきます。

・平屋をリノベーションするメリットとコツ

   

平屋はすべての住宅設備が1つの階に集まっていますので、生活に適したリノベーション設計により、住みやすさが格段にアップします。

 

移動のしやすさや収納スペースの確保などを重視した間取りにより、暮らしやすさも高まるでしょう。

また、災害に備えての耐震化、暖冷房の効率を良くする耐熱・断熱工事もおすすめです。

 

電気配線やコンセント箇所も追加しておくと、利便性がさらにアップします。

 

・平屋のリノベーション工事と費用の事例

 

平屋のリフォーム・リノベーションにはどのくらいの費用が掛かるのでしょうか。

施行例として、まずは一番シンプルな内装のみの工事の例から見ていきましょう。

 

・(1)平屋の内装・水回り

 

住まいの中で気に入っている部分を残す一方、改善するべき箇所にはしっかり予算を投じることが、よりよい住まいへの第一歩です。

また、水回り設備により機器の価格は異なりますので、生活する家族の人数や年代により判断していきましょう。

 

【内装・水回り中心のリノベーション例(広さ:約90㎡)】

 

・部分解体工事:約50万円
・内装・電気配線工事費用:約200万円
・水回り設備交換費用:約200万円(1棟あたり価格)

リノベーション費用合計:約450万円

 

内装材や工事箇所により日程や費用の面は変動する可能性があります。

また、補修や補強工事が必要となればその費用も必然的にかかってきますので、設計段階で判明した場合は充分な検討をしていきましょう。

 

・(2)平屋の耐震化

 

耐震化・断熱化については、外壁全体の工事が発生します。

費用はどのくらいになるのでしょうか。

 

【内装、耐震化のリノベーション例(広さ:約90㎡)】

 

・解体工事費用:約200万円

・外壁・屋根、内装・電気配線工事費用:約460万円

・耐震補強工事費用:約200万円
・断熱補強工事費用:約100万円

・水回り設備交換費用:約200万円

 

リノベーション費用合計:約1,260万円

内装・水回りのみの施工と比較すると確かに費用は増えますが、災害を防ぐ備えも重要です。

 

資金面や時間的に余力のある時に着手しておくことで、大きな安心を手に入れましょう。

 

・(3)二階建てを平屋住宅にリノベーション

 

二階部分を使うことがなくなってきた、家族が独り立ちをして一階だけで生活するようになった。さまざまな暮らしの変化により、二建ての家を平屋にしようというリノベーションも人気になっています。

 

平屋化は、家族の高齢化を想定して行われるだけでなく、耐震性の高さや、管理のしやすさから選択されるケースが増えています。

 

ただし屋根部分の撤去や、建物部分の解体など、費用も高額となるため十分な検討が必要だといえるでしょう。

 

【二階建てを平屋に減築するリノベーション例(広さ:約90㎡)】

 

・解体工事費用:約150万円
・外壁・屋根、内装・電気配線工事費用:約400万円

・断熱補強工事費用:約100万円

・水回り設備交換費用:約200万円

リノベーション費用合計:約850万円

 

【二階建てを平屋に減築、耐震化するリノベーション例(広さ:約90㎡)】

 

減築や耐震化には、建物全体の解体や耐震補強工事が必要となるため費用が上がります。

・解体、補強等工事費用:約400万円
・外壁・屋根、内装・電気配線工事費用:約550万円
・耐震補強工事費用:約200万円
・断熱補強工事費用:約100万円
・水回り設備交換費用:約200万円

リノベーション費用合計:約1,450万円

 

木造や鉄骨造など、建物の構造材の違い耐震精度に応じて必要な費用は異なります。

 

・平屋で人気の「勾配天井」と耐震化工事

 

  

屋内の天井部分を広げる「勾配天井」は、平屋リノベーションでも非常に人気のデザインです。

天井が高くなることで空間が広がり、家全体に風が通りやすくなります。

 

また、高い位置に窓を設置できるため採光に優れ、屋内が明るくなります。

屋根の部分に大きく手を加える勾配天井は費用面も高くなります。

 

一般的なリノベーションの場合は、約500~1500万円ほどの範囲に収めることが可能ですが、勾配天井は天井部分の広い範囲の造作も必要となるからです。

費用は作業のための足場設置も含めると1平方メートルあたり2万円~2万5千円が想定されます。

 

そして耐震化工事や二階部分の減築の施工も、同じように建物の大規模な解体や改修が必要となるため、計画をしているならセットでの施工がおすすめだといえるでしょう。

いずれの施工も同じような建物の解体・改修が必要となるため、掛ける費用分のメリットを充分に活かすことができるでしょう。

 

トータルの費用面と理想の住まいとのバランスを考えて検討してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事

 

まとめ

 

大掛かりなリノベーションをする機会はなかなか無いものだと思います。

そして平屋には、平屋独自の施工技術が必要です。

 

リノベーションの見積もりをする際は、平屋リノベーションの施工実績がある会社かどうかを必ず確認しましょう。

施工会社選びは慎重に行ない、複数社に見積もりを依頼して、比較検討をすることが重要です。

 

しっかりしたリノベーションの計画を立てて希望の家を作り上げていきましょう。

より幅広く相談がしたい方は、LINEにてお気軽にお問合せください。

マイホームに関する最新の独自情報もお届けしています。LINEの登録者数は10,000名を超えました。

リビングキャンプ運営:Flatwork株式会社

友だち追加

合わせて読みたい記事