リノベーションに必要な費用の大まかなイメージ図

自分の理想の暮らしを手に入れるためには、リノベーションをすることはとても重要です。

しかし、リノベーションには費用として大金が必要になります。

この記事では、リノベーション費用の内訳についてお伝えしていきます。リノベーションする際の参考に、是非ご覧くださいね。

この記事はFlatwork株式会社が監修しております。(リビングキャンプ運営)

東京都知事から認可を受け正式に宅建業免許を取得しています。<免許番号>東京都知事認可(1)第104151

実際にマイホームの仲介業務をしているので現場のリアルな情報をお届けしていきます。

リノベーションの費用の内訳は?

 

リノベーションをするためには主に次の費用が必要になります。

1、物件購入費

新しい生活のことでウキウキしているあなたの頭は、どんな風にリノベーションするかでいっぱいになっていることでしょう。

しかし、例え中古物件でも仲介手数料などがかかるため、購入する際には大金が必要になります。

リノベーション計画の際にはこちらもしっかり頭に入れておいてくださいね。

 

2、施工費用

 

無事に物件を購入できたら、ついにリノベーションです。

リノベーションする時には、

  • 職人の工賃
  • 現場監督の賃金
  • デザインにかかる費用
  • 資材・設備の費用

などが含まれた料金が請求されます。

  

リノベーション費用に影響する要素

 

これから紹介するのは、住居選びの際に注意するべきポイントです。

 

1、エリア

 

リノベーション費用は、住んでいる地域によっても大きく左右されます。

人件費や材料費は土地ごとに変わってくるので、予め住居予定地域のリノベーション費用の相場をチェックしておきましょう。

2、部屋の広さ

部屋の広さによって、建材の量や節義費用が変わってきます。

広いほど、費用が高くなるということですね。

3、間取り

 

間取りを変更するには沢山の資材が必要になってきます。

部屋を増やすなどの間仕切りや、部屋のデザインの変更など、こだわるほどに費用は増していくのです。

なので、可能であれば理想とする間取りに近い住居を選び、間取り変更を減らすことで費用を抑えることが可能です。

 

4、階数

リノベーション工事の際、職人さんが部屋まで資材を運びます。

当然、髙くなればなるほど職人さんの負担は増えます。

そのため、高層階であるほど費用が高く取られるのです。

また建物が面している道路が狭いなどの場合も高くなることがあるので要注意です。

リノベーションプランの例

 

  

まとめ

 

今回はリノベーションの費用の内訳についてお伝えしました。

 

リノベーション費用内訳

 

1、物件購入費

2、施工費用

  • 職人の工賃
  • 現場監督の賃金
  • デザインにかかる費用
  • 資材・設備の費用

 

リノベーション費用に影響する要素

 

1、エリア

2、部屋の広さ

3、間取り

4、階数

 

自分の納得のいくまでリノベーションするのが理想的ですが、費用がかかる以上、妥協しなくてはいけない部分も出てきます。

どこにこだわりたいのか、どんな暮らしをしたいのか。

 

しっかりイメージして、後悔のないようにリノベーション計画を進めてくださいね。

より幅広く相談がしたい方は、LINEにてお気軽にお問合せください。

マイホームに関する最新の独自情報もお届けしています。LINEの登録者数は10,000名を超えました。

リビングキャンプ運営:Flatwork株式会社

友だち追加

合わせて読みたい記事