独身でマンションを購入するメリットって?【資産形成】

実際、賃貸マンション暮らしが長くなってくると、家賃が勿体無いのではないかという気持ちになることがありますよね。

また、昨今は職の問題や、年金問題などあって経済状態が不安定だったりします

特に独身だと悩みも様々だと思いますので、その辺りまとめてみました。

この記事はFlatwork株式会社が監修しております。(リビングキャンプ運営)

東京都知事から認可を受け正式に宅建業免許を取得しています。<免許番号>東京都知事認可(1)第104151

実際にマイホームの仲介業務をしているので現場のリアルな情報をお届けしていきます。

◆独身がマンションを購入するのはお得?デメリットもある?

 

マンションを購入するのにメリットはあるのでしょうか。

特に独身の場合のメリットやデメリットをまとめてみましょう。

 

*マンションを購入した場合のメリット

 

●結果的に自分の資産として得ることができる

 

例えば賃貸マンションですと、家賃は毎月発生するものの、その物件は自分自身のものになることはありません。

住宅ローンでよくある返済期間である30年近く払い続けたとしてもです。

家賃5万円のマンションに30年間暮らし続けると、そう支払い家賃は1800万円になります。

さらには、家賃に加えて更新料などもありますので、ますます支払額は増えることになります。

 

しかし、いつまでたってもそのマンションの所有者は大家ということになるのです。

ところが、マンションを購入することになれば、支払いさえ終わるとその物件は資産へと変化します。

つまり、もしも売却するようなことになっても、そこで得たお金は収入として入るということになるのです。

 

●年金の不安がなくなる

 

現在よく言われる数字として、老後に必要な金額は2000〜3000万円と言われています。

2018年の総務省による家計調査をみてみましょう。

 

65歳以上の独身女性が毎月支払っているお金は、15万1421円となっています。

しかし、65歳以上の人が得る年金の額は、64,000円で、実に9万近くが足りないということになります。

 

昨今は昔と違って長生きする人も多い時代です。

80歳まで生きるとすると、65歳から数えると15年間は毎月9万近く足りない状態で生きることになるのです。

ところが、早めにマンションを購入しておくと、家賃の支払いがなく、管理費や修繕費の支払いだけとなるのです。

 

●家主に気を使う必要がなくなる

 

賃貸マンションの場合、その物件はあくまでも大家の持ち物であり、自分が所有するものではありません。

ですから、壁紙のことや床などの傷がつかないように意識する必要があります。

 

しかし、自己所有のマンションであれば、自分で好きにアレンジすることができます。

つまり、借り物ではないため、気を使う必要がなくなるということです。

 

*マンションを購入するのにデメリットもある?

 

もちろん、全てには裏表があります。

メリットがあればデメリットもあるということを忘れてはなりません。

 

●身軽ではなくなる。

 

賃貸マンションに暮らしているときは、暮らす町気軽に変えてみたりと引越しも割と身軽にできると思います。

しかし、自己所有のマンションを購入してしまうと、賃貸の頃のように身軽ではなくなるといったデメリットがあります。

 

例えば、マンションを購入したはいいけれど、意外と収納に不満があるとか、隣人の問題が発生したなどといったトラブルがないとも限りません。

気軽に引越しができない分、購入する際にはしっかりと確認をすることが大切です。

 

●修理費用は自分持ちとなる

 

賃貸マンションを借りている人はお分かりかと思いますが、給湯器やトイレといった部分の修繕は大家に義務があることが多いです。

しかし、自己所有のマンションとなると、大家がいませんので、自分で修繕費を払う必要が出てきます。

 

もちろん、マンション全体に関わる大きな修繕には、積立金等を使って大家が支払うことになりますが、マンションを購入するということは家賃が必要なくなるけれどもその他の支払いは起こる可能性があるということを頭に入れておく必要があります。

 

●独身用のマンションは結婚すると売却

 

独身を貫くつもりで過ごしたとしても、人生はどうなっていくかはわかりません。

もしかすると結婚することだって起こり得ます。

 

その場合、独身用のマンションを買っていると、2人で暮らすには手狭になり結果的に手放すこともあるでしょう。

もちろん賃貸に出すという手段もありますが、人生が変動するということを念頭に置いて柔軟にマンション購入を考えることをおすすめします。

 

●結局お金が必要

 

マンションは安い買い物ではありません。

住宅ローンという手段はあるとしても、ものすごくたくさんのお金が必要となってきます。

 

ローンを組む場合でも、物件にかかる費用の7%は手元に持っておくと安心です。

つまり、2000万円のマンションを購入しようとしているのならば、140万円が必要ということです。

  

◆賃貸マンションの方がいい場合もあるの?

 

場合によっては、マンションの購入をやめて賃貸の方がいいこともあります。

 

●将来的に結婚したいと思っている人

 

実際、今現在おつきあいしている人がいて、結婚を考えている場合や、婚活をしている人は、動きを軽くするためにも賃貸マンションがいいでしょう。

 

●実家を継ぐ可能性がある人

 

親との同居や相続が起こる可能性がある場合も、購入は控えた方が良さそうです。

それか、同居を考えたマンション選びをするのもいいでしょう。

 

●家賃補助のある職場に勤めている人

 

家賃補助を受けることができる職場の場合は、賃貸の方がお得な可能性もあります。

とはいえ、老後のことは面倒見てくれるわけではないですから、そのあたりも踏まえて考えるといいでしょう。

 

●引越しが好きな人

 

引越しをすることで気分を変えて楽しんでいるという人もあると思います。

そういったタイプの人は、当然賃貸がおすすめです。

 

●貯蓄がない人

 

ある程度貯金があっったほうが無理なくマンションを購入することができます。

マンション購入を望むならば、貯金をするのが優先となります。

 

◆選択肢は様々にある

独身におけるマンション購入に関しては、賃貸で行くかどうかの選択肢の他にも、海外に引っ越す可能性、ルームシェアをすることなど様々な選択肢が考えられます。

狭い視野の中で生きることなく、人生を謳歌するためにも、あらゆる可能性を踏まえて考えることが大切です。

◆まとめ

 

このように、独身におけるマンション購入に関しては様々なメリットやそれに対するデメリットもあります。

 

あなたのライフスタイルに合わせた素晴らしい暮らしが送れる様に、マンション選びは慎重に行いましょう。

より幅広く相談がしたい方は、LINEにてお気軽にお問合せください。

マイホームに関する最新の独自情報もお届けしています。LINEの登録者数は10,000名を超えました。

リビングキャンプ運営:Flatwork株式会社

友だち追加

合わせて読みたい記事